フランスの田舎。日常の風景

<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧




庭のイチゴ  その後

庭のイチゴを収穫した。
気温も低く、雨がちな日々が続いているのに、赤く熟してきたイチゴ。
不思議だ。

甘くて、あっというまになくなった。

a0216392_57019.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-29 05:08

寒い春とピレネー

今年のフランスの春は、25,6年ぶりだとか言われている寒い春だ。
5月も下旬だというのに、20度を超える日がほとんどない。
日照時間も、記録的に少ないと、ニュースで言っていた。

昨日は、霙の様な冷たい雨が何回も降った。

今日は、久しぶりの晴れ。
太陽の光を求めて、高台の景色のいい散歩道を歩いてみた。

雪を冠ったピレネー山脈が、よく見えた。

早く暖かくなって欲しいものだ。

a0216392_2382410.jpg
a0216392_2313839.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-26 23:17

野生の蘭 (Les orchidées sauvages )

近くの散歩道で、雑草にまぎれて何種類かの野生の蘭が咲いている場所を見つけた。
野生なので、花は、5ミリくらいと、とても小さい。
でも、花の形は、間違いなく、あの豪華な蘭。
これからしばらく、通りかかる度に、楽しませてもらう事にする。

a0216392_120939.jpg

a0216392_122351.jpg


a0216392_1243251.jpg
a0216392_1255587.jpg

こんな道の脇に、野生の蘭があった。
a0216392_131232.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-18 01:35

イチゴ

気がつかないうちに、庭のイチゴに実がなっていた。
去年植えて、そのままにしておいた苗が、花を咲かせていたのは知っていたけれど。

赤くなっているのが、二つ。
結構大きくて、人差し指の先、二関節分くらいある。

他の誰か(鳥、虫)にかじられる前に取っておこうか。
もう少し、成熟させてみようか。

a0216392_2065952.jpg
a0216392_2095537.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-15 20:11

薔薇

庭のバラが咲き始めた。
第一号を、写真に収める。

a0216392_174151.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-14 17:41

ヒナゲシの花

最近よく見かけるヒナゲシ(coquelicot)の花。
道端、原っぱ、畑の端っこ、、、
赤や、オレンジ色の花が風に揺れている。

よく通る散歩道には、盛りを過ぎた菜の花畑の端に、たくさんのヒナゲシの花が咲いていた。
a0216392_021187.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-14 00:24

シジュウカラ(mésange bleue)

去年、余った廃材をつかって、鳥の巣箱を作った。
家の窓から見える所に取り付けて、時々様子を見ていたら、やっと今年の春に、鳥が入っていた。
シジュウカラの青いのが二羽。
ヒナがいるかどうかは、まだ、わからない。

巣箱から出て行くシジュウカラ。
a0216392_1614469.jpg

去年の5月に作った。
a0216392_16204184.jpg

参考にした子供向けの雑誌。
穴の大きさで、中に入る鳥が決まってくるらしい。
私たちは、直径2,7センチの穴をあけた。
a0216392_16214770.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-12 16:02

庭でご飯

今年の春は、雨がちで、寒い。

そんな中、まあまあの晴れ日に、ガレージからテーブルを出してきて、庭でお昼ご飯を食べた。
今年初めてだ。

食器などを家の中から出してきて、用意するのはちょっと面倒だけれど、後片付けは楽になる。
食べくずなどは、さっと払って芝生の中に落とす。

メニューは、簡単に、香辛料を効かせたトゥールーズ風ソーセージ(saucisse de Toulouse)をバーベキューで焼いたものと、ご飯とレタスのサラダ。

子供達は、食事が終わってから、マシュマロを串に刺して、バーベキューの残り火で炙って食べていた。

a0216392_1393982.jpg
a0216392_1413557.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-11 01:43

ミディ運河(Canal du Midi)を散歩

久しぶりにいいお天気だったので、Le seuil de Naurouzeというミディ運河(Canal du Midi)沿いを散歩した。

ミディ運河は、大西洋と地中海をつなぐ運河なのだが、今日散歩したのは、運河の中でも一番標高が高いところ。
大西洋からの水系と地中海からの水系の境目、分水界の地点がここなのだ。

豊かな水源のおかげで、ナポレオン時代からのものもあるという、プラタナスの木が力強く伸びている。

釣りをしている人、サイクリングのグループ、ピクニックの家族連れなどとすれ違う。

高低差がある運河を、水位を調整して船を通過させる「閘門」があって、船が通るたびに、通りすがりの人達が足を止めて、のんびり眺めていた。

a0216392_0584639.jpg

閘門の中は、5分くらいで水位が上がったり下がったりできるようになっていた。
a0216392_15153.jpg
a0216392_175528.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2013-05-06 01:13

フランスの田舎に住む、めがねざる。身近な景色を写真で記録。
by meganezaru-ko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

外部リンク

最新の記事

田舎散歩 Serres-su..
at 2016-04-13 22:55
菜の花畑
at 2016-04-12 04:39
サクランボの木
at 2016-04-03 16:42
ムスカリ
at 2016-03-31 15:27
at 2016-01-13 16:19

ブログジャンル

画像一覧