フランスの田舎。日常の風景

<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧




アドベントカレンダー 2012

もうすぐ12月になる。

12月1日からクリスマスイブの24日までをカウントダウンする、アドベントカレンダーが登場する日も近い。
家には、引き出し式のアドベントカレンダーが二つある。(2011年12月5日に記事を書いています。)
引き出し用のチョコレートも、買って、用意は整った。


実は、今年、新たな仲間を加えた。
一ヶ月ほど前、よく行く文房具屋さんで、木製で、引き出し式のアドベントカレンダーが売っていたので、買ってみたのだ。
自分たちで好きなように色や飾りをつけられるようになっている。
時間がある時に、子供達と少しずつ、飾り付けをしてみた。

外は、日に日に寒くなってきているので、家の中の赤や緑の飾りで、暖かさの演出だ。


買ってきた木製アドベントカレンダー。
a0216392_23384615.jpg

色を塗る。
a0216392_23403456.jpg

a0216392_23464349.jpg

数字のついた飾りを付けて、ひとまず完成。
a0216392_23475766.jpg


我が家の先輩、引き出しカレンダー。
なぜか赤鼻のサンタクロース氏。(赤鼻は、トナカイではなかったのか?)
a0216392_23553079.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-30 00:07

近所散歩

最近、雨がちの日が続いている。
小雨の中、近くの湖のある公園を散歩する。

a0216392_19491042.jpg
a0216392_19503881.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-28 19:52

S.O.S. ハリネズミ

土曜日の昼頃、再び、ハリネズミと出会う。

一週間前の夜に会ったハリネズミと同じかどうかは、判らないけれど、様子がおかしい。
夜行性なので、普通は、昼間に出てこないはずなのに、家の周りをうろついていた。
なんだか、フラフラしている。
ナメクジをあげようと探したけれど、見つからない。
土を掘ってミミズをとってきて、鼻先に置いても、食べようとしない。
ミミズの方が元気で、あっという間に、逃げて行く。

近所の動物好きの友達に電話したら、
「ハリネズミは、野生動物だから、普通の獣医さんでは、どうにもならないよ。○○という地区に獣医学校があるから、そこに連絡してみたら。」
とのこと。
さっそく、連絡先を調べて、電話をしたら、「夕方5時から6時までの間に、受け付けます。」と言われる。
とりあえず、段ボールに草をしいて、薪を入れ、ハリネズミを入れておく。

時間に合わせて、車で、獣医学校に行った。
野生動物を受け付けてくれる窓口にたどり着く。

若い女性の獣医さんが、受け付けてくれた。
書類に、見つけた場所、状態などを書いてサインした。

ハリネズミを手に取って、さっと、あちこち調べて、
「3〜4ヶ月のオスですね。冬眠するのに必要な体重に達していないみたい。最近寒くなってきて、食べ物もなかったのか、ちょっと顔色が悪いですね。(ハリネズミの顔色!)でも、怪我もしていないし、寄生虫もないですね。先週保護されて、体重が2倍になったハリネズミがいますよ。」

「食べ物は、何を食べるのですか。」

「基本的には雑食です。でも牛乳は、やめた方が良い。ネコの乾燥エサなら、食べます。犬のはダメです。(何でだろう?)」

帰りに、電話番号と識別番号をもらった。後日、このハリネズミの様子を聞くためだ。
元気になったら、自然に帰すとのこと。

無事に、この冬を乗り越えて欲しいものだ。


疲れた様子のハリネズミ。
a0216392_1945083.jpg

獣医学校は、とても大きくて、迷ってしまった。
a0216392_1965650.jpg

書類。
a0216392_1983698.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-27 19:17

庭のサラダ

9月に植えた、サラダ菜。
夏場に比べて3倍くらいの時間をかけて、育っている。
今シーズン、最終のサラダだろう。
寒くなってきたので、虫も減り、虫食い穴は全くない。


夏に比べると、周りの雑草も、小さい。
a0216392_4512552.jpg

隣の大根畑から、大根葉も少々ちぎる。
大根葉には、虫食い跡があった。
a0216392_4523693.jpg

庭には、キノコが生えていた。
a0216392_4541394.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-23 05:08

秋景色

日本の紅葉のような鮮やかな色ではないけれど、南仏の田舎も秋景色だ。
落ち葉も、どんどん増えてきている。

a0216392_4441243.jpg
a0216392_455991.jpg
a0216392_4562813.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-21 04:56

メラス シロップ (La mélasse)

親戚の女の子からもらったメラス シロップ。日本では、英語由来でモラセスシロップ(molasses)と言われているらしい。
サトウキビ砂糖の精製過程で発生する糖蜜で、ミネラルが多く含まれているそうだ。

ちょっと味見してみると、独特の焦げた様な苦みがする。
そのまま食べる人もいるようだが、家では難しそう。

それで、シロップ、バナナ、クルミを混ぜたケーキと、シロップを牛乳に混ぜたプリンを作ってみた。

ケーキは、家族みんな喜んで食べた。
プリンは、小学生Mが脱落。「メラスの味が濃すぎる」とのこと。
私は、プリンもいけると思ったけどなあ。
プリンは、何だか懐かしい、、、そう、「かりんとう」の味に似ていた。

a0216392_23485032.jpg

a0216392_23513270.jpg
a0216392_23563856.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-19 23:57

ハリネズミのお客さん (un herisson)

夜の7時過ぎ頃、家の玄関の前をうろうろしている所を、ニコ氏に発見された、小さなハリネズミ。
ちょっとだけ、家に入れて様子を見てみた。
初めは、丸まっていたが、2分くらいで、普通のかたちになって、ごそごそ動き出した。
でも、座布団の外には出ようとしない。
10分くらい観察して、玄関のわきに戻した。

もう、冬眠する時期じゃないのかなあ。
良い場所を見つけて、来年会おう。

興味津々で観察する、小学生M。
a0216392_1543828.jpg

丸まっている。
顔の右側の小さい前足が見えるだろうか。
a0216392_1561241.jpg

動き出す。小さいが、元気そう。
a0216392_1574333.jpg

フランスで、小中学生向けで、昔からある動物、植物、環境などを扱った雑誌、「La Hulotte」。
全編、写真を使わず、デッサンで編成されているのが特徴。
ハリネズミの記事もあった。
a0216392_202333.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-18 02:12

ポン・デュ・ガール (Pont du Gard) その2

私たちは、寄り道で訪れたので、一時間ほど過ごしただけだが、水道橋の周辺は、ポン・デュ・ガールの博物館や、散策できる小道などが色々あった。
気候のいい時期に、もう一度来て、半日か一日ゆっくり過ごしてみたいと思った。



スペインのとある場所で、樹齢1000年を超えて生えていたオリーブの木を三本貰い受けて、橋の際に植えてあった。
フランス人にとって、オリーブの木は、縁起のいい木だと聞いた事がある。
a0216392_21383553.jpg

橋から下って行く川を臨む。
a0216392_21403073.jpg

橋の影。
a0216392_2142660.jpg

ガール県、赤色に染まったブドウ畑。(走っている車から撮った)
a0216392_21434186.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-17 22:04

ポン・デュ・ガール (Pont du Gard)

グルノーブルからの帰り道は、滞在中の雨模様と正反対の秋晴れ。
太陽に浮かれ、寄り道をして「ポン・デュ・ガール (Pont du Gard)=ガール川の橋」に行ってみた。

ローマ人が、今から2000年ほど前に築いた水道橋だ。
三層のアーチ構造の一段目と二段目は、三段目の水路を支えるために造られている。
建築後、約5世紀に渡って、当時のローマ都市ネマウスス(今のニーム)の水源を支えていたそうだ。

水路としての機能が失われた後、時代から見放され、一部の石が略奪された事もあったらしいが、2000年経った今も、その美しく、強固な構造は残った。

同じ大きさに削られて、きっちり積まれている巨大な石、強度を支えるアーチ構造などを間近に見ると、古代ローマ文明の卓越した技術力に、圧倒される。


右岸、川下から。
この日は、水位が低く、橋の下が乾いていた。
a0216392_1381232.jpg

右岸、川上から。
a0216392_1393487.jpg

橋の一段目の上、通路を歩く。
アーチ部分のファサードに、ところどころ突き出ている石は、建設時の足場を支えるために造られたそうだ。
a0216392_1405643.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-15 01:51

クルミ  グルノーブル土産

今回のグルノーブル滞在中、天気が悪く、ほとんど外出しなかった。

親戚の伯母さんが、「無農薬食料品の市場に寄ってから、そっちに向かうので、何か欲しいものがあったら言って」と電話があった。
その言葉に甘えて、グルノーブル産の無農薬「クルミ」を3キロ買ってきてもらった。

家に帰ってから、早速何個か、割って食べた。大きくて、よく乾燥していて、中身が詰まっている。
3キロは多かったかなと思ったけれど、そんなことはなさそうだ。

a0216392_1212562.jpg

[PR]



by meganezaru-ko | 2012-11-14 01:32

フランスの田舎に住む、めがねざる。身近な景色を写真で記録。
by meganezaru-ko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

外部リンク

最新の記事

田舎散歩 Serres-su..
at 2016-04-13 22:55
菜の花畑
at 2016-04-12 04:39
サクランボの木
at 2016-04-03 16:42
ムスカリ
at 2016-03-31 15:27
at 2016-01-13 16:19

ブログジャンル

画像一覧